裁判にしたくないなら円満に離婚しましょう

裁判

離婚にもさまざまな形があります。

ほとんど揉めずに円満に離婚できる協議離婚から、
恨み合って裁判で決着をつける裁判離婚もあります。

この記事では、離婚にどんな種類のがあるのか、
それぞれの特徴などをお伝えしますね。

これから離婚を考えてる人へ、少しでも役立てれば嬉しいです。

協議離婚

協議離婚とは、裁判所をいっさい通さずに、
夫婦2人だけで話し合って決める離婚の事です。

一般的に言われる「円満離婚」とは、
この協議離婚で解決する離婚方法なんですね。

離婚する際に決めないといけない事は

  • 離婚の同意
  • 子供の親権者
  • 子供の養育費
  • 面会交流権
  • それぞれの住む家
  • 家のローン
  • 財産分与
  • 年金分割
  • 慰謝料

など、けっこうたくさんあるんです(^-^;

これらを夫婦ですべて決めないといけないので、
かなり大変な話し合いになると思います。

でもじつは、日本の離婚する夫婦の約9割は、
この協議離婚で離婚しているんです。

おや、みなさんけっこう円満に離婚出来てるんですね。

と、思うかもしれませんが、「円満」というのは、
とくに揉めることなく、スムーズに離婚手続きができるということ。

協議離婚で終わったけど、なかには相当バトルを繰り広げて
なんとか落ち着いたって人も多いのかと思います。

裁判まで尾を引かせると、
お金もかかるし、時間もかかるから皆さん嫌がるんです。

調停離婚

裁判所を通して離婚や条件を話し合うことを、調停離婚と言います。

夫婦で話し合っても合意できなかったり、
離婚には合意しても条件面での折り合いがつかない時などに調停を行います。

まず、どちらかが家庭裁判所に申し立てを行います。
(一般的には離婚を望んでいる側)

そして裁判所から通知がきたら、指定された日に裁判所に行き、

調停委員を交えて離婚に向けた話し合いを行います。

この調停委員は、男女1人ずつが選ばれて当事者と話し合います。

離婚する相手とは別々に話し合いをするので
落ち着いて離婚したい理由や、自分の要望を伝えられるんです。

夫婦で直接話し合っても、話してるうちに感情的になって、もの別れに終わっちゃうなんてこともありますからね。

また、DV被害に遭ってる人は、相手の顔を見て話せないこともあります。

ですので調停当日も、離婚相手と鉢合わせにならないように、
時間帯や場所をずらして行ったりしてくれますので安心ですね。

調停委員との話し合いでは、

離婚したい理由
子供の親権や養育費の問題
財産分与
慰謝料

など、夫婦の話し合いで解決できなかった事を、
双方の意見や要望を聞きながら、折り合いをつけていきます。

最終的に離婚や条件に合意できれば調停離婚成立となり、
そこで離婚の手続きは終わります。

調停離婚で合意できなければ、審判離婚や裁判離婚に移ります。

調停離婚の費用はどれくらいかかる?

弁護士に依頼するか自分で行うかによって大きく変わります。

申し立て手数料 1200円
郵便切手代  約1000円

基本的にはこの金額のみです。

他に婚姻費用分担請求調停を申し立てすると新たに1200円かかります。

あとは裁判所に提出する書類を取ったり、
裁判所までの交通費などの雑費ですね。

もし弁護士に依頼すると、数十万円というお金がかかります(@_@)

お金に余裕のある方はどうぞ(^-^)

審判離婚

審判離婚とは、調停離婚での話し合いで、
ほぼ合意するところまでまとまってるのに関わらず、

ほんの少しの意見の相違などで調停が成立しない場合、
裁判所の権限で合意と認めてしまうやり方です。

これは、裁判での判決と同じ意味をもちます。

しかし、判決から2週間以内に当事者から異議が申し立てられると、
その判決は無効となってしまいます。

なので簡単に言うと、

調停離婚よりは裁判所としての効力を使えるが、
裁判離婚ほどの効力はもっていないのです。

この審判離婚はほとんど使われることはありません。

裁判離婚

裁判離婚とは、文字通り裁判によって離婚できるかどうかの判決が下されることです。

協議離婚、調停離婚でも合意ができなかった場合は
裁判所に訴訟を提起することで行われます。

ただ、裁判において離婚が認められるためには
以下の条件中で1つでも認められる必要があります。

①配偶者以外と性的関係を持つ「不貞行為」があること

②同居や夫婦生活の拒否、扶養義務を怠るなどの「悪意の遺棄」がある

③相手が3年以上「生死不明」

④相手に回復の見込みのない「強度の精神病」がある

⑤その他、婚姻を継続しがたい「重大な事由」がある

①~④は、だいたい分かるのですが、
問題は⑤ですね。

「重大な事由」とはなんぞや??

と思いますよね?

ここは裁判官でも判断が難しいところです。

  • 生活の不一致によって生活に支障が出る
  • DVの恐れがある
  • 多額の借金がある
  • 性生活に不満がある

これらの理由で離婚が認められる場合もあれば、
認められないこともあります。

また、裁判費用ですが、
自分1人で裁判に争う場合は

印紙代  13000円
戸籍謄本代  450円
の13450円だけです。

しかし相手が弁護士をつけてるのに自分1人で立ち向かうのは、
無理でしょう!

そうすると、弁護士費用として数十万円~100万円くらいかかります。

   

まとめ

離婚手続きの形は大まかに4種類ですが、

成立までの期間、かかる費用、精神的負担

どれを考えても最初の協議離婚で終わらせたほうが良いですね。

円満に離婚したいなら協議離婚と言われるのが
なんとなく分かりますね。

でも冒頭でもお伝えしましたが

協議離婚=円満離婚

とは必ずしもなってないのが実際のところです。

夫婦が離婚に至るまでの事情はさまざまです。

じつのところ、浮気、金銭問題、DVなど、とても円満に解決しそうもない原因が多いんです。

一歩間違えれば、泥沼離婚裁判に陥ってしまうことも。

そうならないためにも、どうしたら円満に離婚できるか、よく考えておきましょう。

  

裁判

Posted by retu