円満に離婚するのに最適なタイミングはいつ?

「奥さんと離婚したいんだけど、どのタイミングで離婚するのが最適なのかな~?」

こんなふうに思ってないでしょうか?

夫婦喧嘩した勢いで即離婚!

子供がいなければこんな離婚でも問題ないですが、
子供がいるとそういうわけにはいかないですよね。

子供のこと
奥さんのこと
自分のこと
お金のこと
etc…

なにを優先するかは人によりますが、
この記事では、離婚するのに最適なタイミングをいくつかご紹介します。

ご自身の状況に合わせて考えてもらえたら幸いです。

子供の進学、進級のタイミング

子供がいる家庭は子供の進級、進学するタイミングを最優先に考えることが大切です。

よくマイホーム購入で引っ越しするときも、
子供の進学のタイミングでする場合が多いですよね。

これは環境の変化の影響をできるだけ最小限にするためです。

離婚の場合も、名字が変わる可能性がありますね。

まわりの友達から
「どうしたんだろう?」と思われたり、
「お父さんとお母さん、離婚したの?」
なんて聞かれると子供ながらにツラいんです。

ですから知らない子も多い進学時がオススメですが、
最低でも学年が変わりクラス替えのある進級時にしたいものです。

ちなみに、離婚後に奥さんと子供が引っ越しして学校が変わるなら特に問題ないですね。

子供が独り立ちしたタイミング

子供の独り立ちは離婚の絶好のタイミングです。

世の中の夫婦のなかには、「離婚したいけど子供が未成年だから我慢して一緒にいる」
という夫婦もいます。

我慢して一緒にいることが良いかどうかはともかくとして、
子供が成人するまで面倒を見ようという気持ちは立派だと思いますね。

ただ、まだ子供が小さい場合、先が長すぎて精神的にキツイかもです。

ちなみに子供が独り立ちしてから離婚すれば、
養育費がかかりませんから、金銭的にも楽ですよ。

自分の転職のタイミング

将来のためのスキルアップや、やりたい仕事がある為に転職する人も多いはず。

そこで転職するタイミングで同時に離婚する手もあります。

仕事も夫婦もリセットして、心機一転、人生を再スタートしてみては?

仕事の転勤のタイミング

会社の転勤で引っ越し、あるいは単身赴任になるタイミングでの離婚もありです。

ほとんどの奥さんと子供は、転勤による引っ越しを嫌がります。

そのタイミングで離婚話を切り出せば、わりと離婚しやすいですよ。

単身赴任は離婚のシミュレーションにもなる

単身赴任で離婚がどんなものか、プチ体験してみましょう。

離婚すれば1人になります。当然身の回りの事を自分でやらないといけなくなります。

それらが本当に自分1人で出来るのかどうか見極めることができます。

このブログでは、離婚する前に別居してみる事をオススメしています。

単身赴任も別居も同じようなものです。

   

貯金がたまったタイミング

離婚するのに必要なのは「お金」です。

  • 養育費
  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 公正証書
  • 裁判費用
  • 弁護士費用
  • 婚姻費用
  • 別居費用

すべてが必要なわけではありませんが、
これらの費用を準備するのは簡単ではありません。

   

家のローンが終わったタイミング

家のローンが終わるということは、離婚を決断する理由の1つになります。

なぜかというと、離婚するときの夫婦の取り決めに、
「財産分与」というものがあります。

財産分与とは、結婚してから夫婦で築いた財産を、離婚の時に分配することです。

マイホームもこの財産分与の対象になりますが、
ローンが残っているより、残っていないほうが、取り決めが楽になるです。

くわしくは以下の記事を参考にして下さい。

こちらの記事もどうぞ

   

定年退職したタイミング

コチラも夫婦の離婚するタイミングの上位に入ります(笑)

とくに熟年離婚の多くが、この「夫の定年退職」をひとつの節目として離婚に踏み切ります。

理由は
・退職金が一部もらえる
・年金が一部もらえる(年金分割)
・気持ち的に区切りが良い
(特に女性の場合、夫が定年退職して家にずっと居られるのが嫌みたい)

もちろん退職金や年金は、定年退職したタイミングでなくても貰える場合が多いです。

でも、まだまだ定年まで何十年も先といった場合、
退職金に関しては必ず支給されるかどうか分からないため、貰えない場合もあります。

また、若い年齢で離婚した場合、老後の年金のことまで考える人が少ないため、
手続きが面倒で結局放置してしまう場合が多いようです。

あなたがまだ定年まで先が長いようでしたら、
それまで待てないかもしれませんね(笑)

  

別の人と一緒になるタイミング

すでに奥さんとは別に好きな人がいて、
その人と一緒になれる状況になったことで離婚に踏み切る場合もあります。

この場合に注意しないといけないのは、
浮気や不倫関係にならないようにすることです。

すでに関係を持ってしまっている場合、
離婚が成立するまで少しだけ距離を置くことをオススメします。

なぜかというと、夫から離婚話を切り出すと、
大半の女性は浮気や不倫を考えます。

探偵などに依頼して証拠集めを始めるかもしれません。

もし、離婚が成立する前に不貞行為(浮気、不倫)が発覚すると、
高額な慰謝料が発生する可能性があります。

少しの間だけ我慢しましょう。

  

まとめ

・子供が独り立ちしたタイミング
未成年の子供がいなくなることで、すんなり離婚できる可能性が高まります。

・自分の転職のタイミング
何か新しいことにチャレンジしたい、人生を再出発するのには良いタイミングです。

・仕事の転勤のタイミング
転勤も離婚話を切り出すきっかけになります。
また単身赴任すれば、将来離婚するときのシミュレーションができます。

・貯金がたまったタイミング
離婚はお金がかかります。
お金が用意できたタイミングで離婚話をすれば、相手も納得しやすくなります。

・家のローンが終わったタイミング
財産分与するさい、家のローンが終わってるほうが楽です。

・定年退職したタイミング
コチラは奥さんのほうから離婚を切り出すことが多いです。
でも、あなたから離婚を切り出すのもアリですよ。

・別の人と一緒になるタイミング
これはあなた自身のワガママととらえられるかもしれませんが、
好きな相手ができたのなら仕方ないです。
でも、浮気や不倫には注意ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)