円満に離婚したほうがいい5つの理由

「離婚」と聞いてあなたはどんなイメージを持ちますか?

ケンカして罵りあってる感じてすか?

ほとんどの場合、あまり良いイメージはありませんね。

もちろん、お互いが一緒に生活するのが嫌になって離婚するわけですから、
いわゆる「良い関係」ではありません。

でも、世の中には「泥沼の離婚劇」を演じてしまう夫婦もいれば、
お互いを理解して「円満離婚」する夫婦もいます。

同じ離婚するなら円満に離婚したいですよね?

この記事では、円満に離婚できないと生じる、
5つのリスクについてお伝えします。

お金がかかる

おそらく離婚する際にいちばんネックなのが、これでしょう。

「お金」ほど、円満に離婚するか、もめて離婚するかで変わってくるものはありません。

円満に離婚

・離婚届を出すだけならタダです。
・妻が子供の親権者になるなら養育費
・財産分与

もめて泥沼離婚

・裁判費用
・慰謝料
・離婚前に別居する場合は婚姻費用
・妻が子供の親権者になるなら養育費
・財産分与

もめる事で余計に出ていく費用

・裁判費用
裁判費用といってもそのほとんどが弁護士費用です。

もし自分1人で裁判を争う場合は2万円程度で済みますが、
弁護士に依頼するとなると、50万以上かかってしまいます。

裁判についてはこちらの記事がオススメです。
    ↓   ↓   ↓
【裁判にしたくないなら円満に離婚しましょう】

・慰謝料
慰謝料については必ず払う必要はありません。

あなたに「有責行為」がなければ払わなくても良いのです。

有責行為とは、「離婚の原因となった行為」のことです。

有責行為についてはこちらの記事をどうぞ
    ↓   ↓   ↓
【有責行為をしても円満に離婚できるのか?!】

慰謝料についてはこちらの記事をどうぞ
    ↓   ↓   ↓
【円満に離婚するのに慰謝料って必要?】

・婚姻費用
早く別れたいからと、離婚する前に別居すると、
そのぶん、婚姻費用が余計にかかってしまいます。

婚姻費用とは、扶養している家族が生活に必要な費用の事です。

扶養している間はとうぜん払わないといけないので、
自分の別居費用と奥さんの生活費が二重にかかるからです。

・養育費
養育費に関しては、円満離婚しても、もめて離婚しても、
基本的に額が変わることはありません。

でも、相手も人間です。

もめて話し合いがこじれると、余分に養育費を請求してくるかもしれません。

・財産分与
こちらも養育費と同様、もめるかもめないかで、
額が変わることはありません。

でも、「余分にふんだくってやる!」
なんて思われたら嫌ですよね?

財産分与についてはこちらの記事をどうぞ
    ↓   ↓   ↓
【円満に離婚するための財産分与とは?】

時間がかかる

「お金」と同様に、もめればもめるほど離婚成立までに「時間」もかかります。

当然といえば当然ですが、いったいどれくらいかかるか分かりますか?

もちろんこれはケースバイケースなので、
もめても1ヵ月くらいで成立する場合もあります。

でも、もめる離婚はほとんどの場合、離婚調停までもつれ込みます。

離婚調停も、長い場合は1年くらいかかることもあります。

その離婚調停でも離婚が成立しない場合は、「離婚裁判」となります。

裁判になってしまうと、離婚が成立するまで1~2年かかることがあります。

そうなると、離婚調停から含めると、
トータルで2~3年たってようやく離婚成立なんてこともあるんです。

さすがにそこまで精神的にもたないですよね(-_-;)

ですから、できるだけ「円満」に離婚できるようにしましょう。

  

子供と会わせてもらえなくなる

子供がいる場合、たいてい元妻が子供を引き取るケースが多いです。

そんなとき起こる問題が、子供と離れて暮らす親が、
子供と面会したいと思っても、
会わせてもらえないという事です。

その原因は2つです。

  

元妻との信頼関係が悪化する

別れた奥さんとは、養育費や面会交流など、
離婚してからも連絡を取り合わないといけない場面も多々あります。

泥沼離婚をしてしまうと、
「あんなやつとは話もしたくない!」

なんて思われ、こちらから連絡しても、
「返信なし」「無視」されるかもしれませんよ。

  

義理の両親と関係が悪化する

こちらも「元妻」との関係と同様、わだかまりがある状況だと、
子供との面会に支障が出る可能性があります。

離婚して子供を引き取った女性は、実家で親と暮らすケースも多いからです。

子供と会いたいのに、元妻も義両親も連絡取れないなんてことにもなりかねません。

  

周囲の人たちに噂される

離婚すること自体は、扶養から外れるため、会社にも知られます。

しかし、離婚調停や裁判まで長引いてしまうと、
平日に裁判所から呼び出されるため、仕事を休まないといけなくなります。

大切な商談などがあるときに休んでしまうと、
同僚や上司からも不審に思われてしまいますね。

また、親戚などの身内からも冷ややかに見られるかもしれません。

  

精神的負担が大きい

金銭的な負担を強いられ、離婚成立までの期間が長引いてしまうと、
精神的にかなり消耗してしまうでしょう。

離婚して一人暮らしを始めれば、引っ越し費用もかかります。

とうぜん自分自身の生活費もかかります。

そのうえで裁判費用がかかり、慰謝料や養育費が予想以上に高額になってしまったら

「よ~し、独身貴族を満喫しよう!」

なんて言ってる場合じゃなくなります(ToT)

  

まとめ

「離婚は結婚の数十倍大変」なんて言われますが、
たしかに話し合いがこじれてしまうと、いろんな面で消耗します。

まあそこまで消耗する前に、多くの人が妥協点を見つけて解決するものです。

同じ離婚するなら、あまり波風たてないよう、
じっくり話し合って、円満に離婚する糸口を見つけましょう。

そうすれば1人になった後も、気持ちよく人生の再スタートがきれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)