離婚後の後悔を乗り越える方法

「離婚」というとネガティブなイメージを持ちませんか?

もしそれが自分から望んだことだとしてもです。

離婚をすれば今までの生活が一変します。

奥さんや子供たちがいなくなることで、
今までしなかった事をしなきゃいけなくなったり、
今まで出来たことが出来なくなったりします。

そんな変化を受け入れられなくて

「離婚なんてするんじゃなかった・・」

と後悔する男性がけっこう多いのです。

しかし、後悔しても過去は戻りません。
(いや、話し合ってよりを戻すこともできますが)

この記事では、離婚をして後悔するんじゃないかと思ってる男性に、
離婚後の生活の楽しみや生きがいをお伝えしようと思います。

  

家事ができなくて後悔する人の解決法

男性の場合、結婚してるときはほとんどが家事を奥さんに任せてる人が多いですね。

そんな人が離婚して急に1人になって困るのは家事です。

ここでは家事ができなくて離婚を後悔してしまう人の解決法をお伝えします。

 

離婚する前から練習しておく

なんといっても家事は主婦がプロですから、
奥さんに教わるのがいちばんです。

・洗濯
・掃除
・料理

家事といっても主にやらなきゃいけないのは、この3つです。

料理に関してはどっかのお店で食べれば、
必ずしもやらなくてOKですね。

とくに定期的にやらなきゃいけないのは洗濯です。

洗濯機の操作の仕方やコツもありますから、
家事の手伝いをしながら覚えましょう。

 

仲が悪いから教わりたくない

「離婚を考えるくらい仲悪いから教わるなんて無理!」
と言う人もいるかもしれません。

そんな時は、ネットでググりましょう。
「洗濯  コツ」なんて検索すれば、たぶん簡単に見つかります。

 

To Doリスト を作る

To Doリストとは?

To Doリストとは、やらなきゃいけない事を一覧にして、
優先順位をつけたり整理することで、
忘れないようにしたり、効率的に動けるようにすることです。

家事といっても、細かい事をあげればきりがないですよね。

・いらない物を整理
・壊れたものを修理
・ゴミ出し
・アイロンがけ
・日用品の買い出し
・衣替え
・保険などさまざまな契約
etc.

こういった細かいやるべき事を書いておけば、忘れることもないでしょう。

家事くらいでTo Doリストなんて面倒・・・
なんて思う場合は、カレンダーに記入しとくだけでも違いますよ。

 

家事代行サービスを利用する

「家事なんて面倒くさっ!」
「男がそんなものできるかっ!」
「仕事が忙しくて時間がない」

という人は、「家事代行サービス」があります。

昔の家政婦さんみたいなものですね。

 

家族を失って後悔する人の「生きがい」の見つけ方

家庭を持っている男の人には、「家族を守るため」に仕事を頑張るという人も多いです。

しかしその家族を失うことで、なんとなくやる気がなくなってしまったり、
「なんのためにこんなに仕事頑張ってんだろ・・・」

と脱力感に苛まれるんじゃないでしょうか?

ここではなんとなく力が抜けてしまって、
「やっぱり離婚しなきゃ良かったかな・・・」

と後悔してしまう人に生きがいを見つける方法をお伝えします。

 

転職する

「えぇっ!いきなり転職!?」

と思うかもですが、別に必ずしも転職をオススメしてるわけではありません。

ようするに、「仕事に生きがいを見つけましょう」という話です。

もちろん今の仕事に生きがいを持ち、
離婚したあとでも、もっともっと頑張れるというのであれば、そのまま続ければ良いと思います。

でも、家族のために仕事を頑張っていて、その家族がいなくなり、
仕事に対する熱意が無くなってしまったのなら、
思いきって転職して新しい挑戦をしてみるのもアリです。

家族がいると「新しい挑戦」ってなかなか難しいものです。

独身に戻ったからこそできるチャレンジじゃないでしょうか?

 

趣味に没頭する

家族(とくに子供)がいると、
休日に自分の趣味に没頭するって、難しいですよね?

平日は奥さんが子供の面倒を見てる代わりに、
休日は旦那さんが子供の相手をする家庭は多いですね。

さらに奥さんの買い物のお付き合いもしないといけません。

そしたら自分の趣味に使う時間なんて持てないです。

そんなあなたが独身に戻るのですから、
今まで眠らせていたり、半ばあきらめていた趣味を、
思いきり楽しんでみましょう。

 

ペットを飼う

最近のペットは、ほぼ家族同然です。

私が子供のころのペットは、あくまで家族とは別ものでした。

とくに犬は番犬として、家の外で飼うことが多かった気がします。

でも今は犬でも外の犬小屋で飼ってるお宅は少ないですね。

家の中で家族として暮らすいが多いです。

というわけで、ペットを新しい家族として迎え入れてあげましょう。

人間の家族とまではいかなくても、かわいいペットのために頑張ろうという気持ちが沸いてきますよ。

 

子供と会えなくて後悔する人の対処法

奥さんとは離婚したくても、子供と離れたくはないですよね。

でも未成年の子供は離婚すると、
ほとんどが奥さん側が引き取るのが現状です。

そんな子供と離れて暮らすあなたに、
寂しさをできるだけ解消する方法をお伝えします。

 

面会交流を定期的に行う

「そんなの当たり前じゃん!」

と言われるかもしれませんが、意外としない人も多いです。

というか、別れた奥さんが会わせてくれないケースも多いようですが。

だいたい上記の場合、元夫が養育費を入れてくれないなど、
こちら側にも問題がある場合が多いようなので、
まず、「子供のため」の養育費をきちんと渡してあげましょう。

 

そして、「面会交流権」は離れて暮らす親子に与えられた権利ですから、ちゃんと行使しましょう。

 

子供の家の近くに住む

これけっこう大事です。

もちろん、職場などの事情があってできない場合は仕方ないですが。

やはり子供と住んでる場所が近いのと、遠くに住んでる場合とは、
気持ち的に安心感が違います。

何かあればすぐ会える。
あるいは子供のほうから会いに来れる場所なら、
面会交流もしやすいでしょう。

 

SNSを活用する

子供が小さい時は無理ですが、中学生以上ともなれば、
スマホも持ってることと思います。

そしたら是非SNSを活用しましょう。

・LINE
・Facebook
・Instagram
・Twitter

代表的なこれらのSNSを使うだけでも、
かなりのコミュニケーションが取れます。

とくに子供と遠く離れた場所に住んでる人にはオススメです。

今までSNSを使ったことがないなら、
なおさら使えるようになるチャンスですねo(^∇^)o

今はオンラインのビデオ通話なんかも使えますから、
子供の顔が見れない寂しさをかなり軽減できます(^ー^)

 

独身が不安で後悔する人が挑戦すべきこと

離婚して独身に戻れば、気が楽になるでしょう。

しかし、
「このまま老後までずっと1人で生きていくのは寂しすぎる・・・」
「誰からも気づかれずに孤独死なんてやだ」

こういった不安が出てきます。

この不安を払拭する方法は、
「新しい恋を見つける」
ことです。

家族がいたときは、恋人を作ったら浮気や不倫となってしまいます。

でも独身に戻ったのですから、誰と恋してもいいわけです。

恋をすると、気持ちも若返って活力も出てきます。

離婚をすると、どちらかというとネガティブな気持ちになりがちです。

しかし新しいことにチャレンジしたり、空いた時間を有効活用することで、
新たな生きがいや希望を見つけることができるんです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)