円満に離婚するためには事前の準備が大事

円満離婚の方法

離婚をする際、ケンカして揉めて泥沼化してしまうより円満に解決したいですよね?

でも、奥さんに離婚の話を切り出したら
絶対に驚くだろうなぁ・・・

「私のどこがいけないの?!」
「ほかに好きな人でもできたの?!」
「子供のことはどうするの?!」
「家のローンは?!」

などとまくし立てられるのが目に浮かびます・・(ー_ー;)

まあそれは仕方ないとしても

「私は絶対離婚しない!」
「離婚するなら慰謝料ちょうだい!」
「裁判で争うから!」

なんてこと言われたらキツイな~
って思いません?

それを避けるためには、事前にしっかり準備を整えておくことです。

この記事では、できるだけ円満に離婚するために
事前に準備できることをお伝えします。

なぜあなたは離婚したいのか?

性格が合わないのか?
価値観が合わないのか?
愛情がなくなってしまったのか?
別に好きな人ができたのか?

結婚したときは、愛し合っていて、
将来をともに寄り添って生きていこうと誓いあったはず。

でも何年もたってお互いの良いところ、悪いところを知りつくして

これからの自分の未来を考えたとき

はたしてこのまま結婚生活を続けていくべきか

思いきって離婚すべきかの選択にぶち当たったんだと思います。

離婚したい理由は人それぞれです。

また、置かれている立場も人それぞれです。

あなたの置かれている状況を考えながら準備をしていきましょう。

  

夫婦ふたりだけの離婚

まだ子供がいなくて夫婦ふたりだけの場合
一番、離婚がスムーズにいくでしょう。

加えて賃貸の家に住んでれば、手続き上面倒なことはほとんどありませんね。

ただ、相手がすんなり同意してくれるかどうかですね。

お互いに冷めきっている
ほとんど口をきかない
相手に無関心
ケンカが絶えない

こんな場合は、相手も離婚を考えてるかもしれませんから
すんなりいけそうです。

もしあなたが一方的に離婚したい場合は、
離婚したい理由を紙に書いておく事です。

  • なぜ離婚を考えたのか?
  • 何が合わないのか?
  • どこが我慢できないのか?
  • どれくらい前から考えていたのか?
  • 修復しようと努力したのか?
  • 復縁は考えてないのか?

意外と口頭だけで伝えようとしても、落ち着いて話せなかったり

だんだんヒートアップしてケンカ腰になったりしてしまうので

箇条書きにでもして落ち着いて話し合いをしたほうが良いですね。

そして今までの感謝を伝えるとともに、
これからのお互いの健闘を称え会えれば理想的です。

まあこんなにスムーズにはいかないでしょうけど(^_^;)

  

子供がいる夫婦の離婚

離婚するとき一番ネックになるのが、子供がいる場合です。

離婚届を出すときに、必ずどちらかが親権者にならないと受理されないからです。

親権者にならなかった親は、子供と暮らせなくなりますので、寂しいですね。

親権者になった親は子供と一緒に暮らせますが、
1人で面倒をみなければいけないので、日常生活がかなり負担になります。

加えて収入も減りますから、経済的負担も多くなってしまいますね。

子供に関しては、離婚して親権者にならなくても
父親として育児に協力する義務があります。

そのひとつが養育費の支払いです。

あなたがもし親権を持たないのであれば、
養育費として毎月いくら払えるのか?

ご自身の収入に照らし合わせて考えておく必要があります。

あなたが親権者になるのであれば、仕事をしながら毎日の育児に携われるのか?

保育園などの送り迎えは?
子供の勉強を手伝ってあげれるか?
食事の準備は?
お風呂の用意は?

細かくあげればもっとたくさん、しなければいけない事があります。

それらをどうするのか?
実家の親に頼むのか?

こういったことを前もって考えておく必要があります。

  

家のローンが残ってる場合

家のローンが残っている場合は、
まず家をどうするのか考えないといけません。

しかし、これは相手との話し合いで決めることになりますので、

あなたが事前に決められる事はあまりありませんが、
もし相手が家に残るのであれば、相手がローンを払っていけるのか?

払えない場合はその分を負担してあげるのか?

そこまである程度考えておきましょう。

あなたがそのまま家に残るのなら、ローンを払いながら、
養育費も支払って、日々の生活も大丈夫なのか考えないといけませんね。

お互いが家を出てそれぞれ別の家に住む場合は、
家の売却も検討しないといけないかもしれません。

後で説明しますが、離婚するとそれぞれの財産を分配する必要があるため、
売却した額のいくらを分けるかなども考えておきましょう。

   

財産分与はどうするのか?

財産分与とは、夫婦が結婚してから築いてきた財産を
離婚するときに分配することです。

結婚する前の財産は、夫婦それぞれのものですが、

結婚したあとの財産については、お互いが協力して築いてきたととらえ、均等に分けなきといけないのです。

財産とは・・

  • 貯金
  • 株などの有価証券
  • 家具

などです。

もちろん、家や車などは半分こにできませんから
金額に換算してお金として分けるようになります。

こういった財産がいくらになるのか?
考えておく必要もあります。

  

【番外編】他の好きな人と一緒になるため離婚を考えてる場合

よく夫のほうから離婚の話を切り出す場合、
浮気相手と一緒になるために離婚するケースが多い。

なんて言われますが、あながちウソではありませんね。

あなたがもし他に好きな女性がいて、一緒になるため離婚するなら

離婚が成立するまでの間は、相手の女性とはしばらく連絡を取るのはやめましょう。

男性から離婚話をする場合、妻は浮気をまず疑います。

そうすると、探偵などを使って身辺調査する可能性があります。

離婚する前に浮気がバレると、
高額な慰謝料が発生しますよ。

別に浮気を肯定するつもりはありません。

できるならしないほうが良いでしょう。

しかし、あくまで円満に離婚をするという観点からいうと、
しっかり離婚を成立させてから関係を持つことですね。

  

まとめ

  • 離婚したい理由を紙に書く
  • 子供の親権、養育費を考える
  • どちらが家を出るか・ローンの支払い
  • 財産分与をどうするのか
  • 離婚が成立するまで浮気相手と連絡取らない

こんなところでしょうか。

離婚というと、ケンカした勢いで即離婚!

なんて人もいますが、それでは後々尾を引くことになります。

円満に離婚をすすめるなら事前にしっかり考えをまとめておきましょう。