お金がない人は円満に離婚すべき理由

お金がかかるのを理由に離婚ができないでいる夫婦がいます。

いわゆる家庭内別居をしている夫婦って以外と多いんですよ。

でもそんな状況で暮らしていても、子供にも良くないと思うし、
自分たちが絶対幸せを感じれないですよね。

それならできるだけ出費を減らす方法で離婚すれば
もっと自由に生活できるし、独身を楽しむことができるんです。

この記事では、離婚後の生活に少しでも余裕をもたせて

自由に生きるための大事なことをお伝えします。

お金がない人は円満に離婚すべき理由

「奥さんと早く離婚したいのにお金がない(泣)」

そうなんですよ。離婚はお金がかかります。

今、年間で離婚する夫婦は約20万組いるそうです。

でも、お金がなくて離婚できない人、
はたまた別の事情で離婚に踏み切れないでいる夫婦も合わせればもっといるでしょうね。

私のまわりでも、離婚したくてもお金がかかるという理由で
離婚できない人がいます。

でも、もう愛情もない相手とずっと一緒に暮らすのってつらくないですか?

お金がないからって、離婚を我慢するのもかなりキツイですね。

また離婚は、もめて成立まで時間がかかればかかるほど、お金もかかるんです。

ですから、離婚を決めたら、できるだけ早めに離婚を成立させるほうが良いです。

せっかく独身になっても自由に使えるお金がなくなる

円満に離婚ができないと、支払うお金が増えます。

「やっと独身にもどったー!」
と嬉しい気持ちになっても、
お金がないと「独身貴族」を満喫することもできません。

生活するのが精一杯で、
趣味とか好きなものにお金を使うことすらできないと、
ちょっと寂しいですね。

それに、新たに好きな人ができても再婚するお金もないんじゃ悲しすぎます。

円満に離婚できれば出費も減らせる

離婚する際にできるだけ支払うお金を少なくするためには

いかに円満に離婚できるかに関わってきます。

離婚の話し合いで揉めてしまうと、慰謝料や財産分与で不利になりやすいんです。

さらに、すでに別居している人が離婚成立するまでに時間がかかってしまうと、

別居費用や婚姻費用も乗しかかってしまうので、出費が増えてしまうんですね。

離婚にかかるお金ってどれくらい?

離婚するためには、けっこういろんなお金がかかるんですよ。

例えば以下のようなものです。

養育費

子供がいる場合に、子供を引き取る奥さんに払うお金です。

原則、子供が成人するまでの間、子供の生活や教育をサポートするために、
養育費を支払う義務があります。

養育費をもっと知りたい方はこちらをどうぞ
     ↓   ↓   ↓
【円満に離婚するなら子供の養育費はいくらにする?】

  

慰謝料

もしあなたが日々の生活のなかで、奥さんに肉体的、精神的な苦痛を与えて、
それが原因で離婚になった場合(有責行為)

慰謝料を払わないといけなくなる可能性があります。

でもこれは、離婚したからと言って必ず払うとは限りません。

  

財産分与

財産分与とは、あなたと奥さんが、
結婚してから今まで貯めた貯金や、購入した財産を、
離婚するときに分配する事を言います。

購入した財産とは細かく言うと、家具なども含みますが、
普通はマイホームや車を指しますね。

あと、投資目的の不動産や株なども含まれます。

財産分与についてはこちらをどうぞ
     ↓   ↓   ↓
【円満に離婚するための財産分与とは? 】

  

公正証書

離婚するときに取り決めした内容を、公証人に書いてもらう、
いわば、取り決め内容の証明書のようなものです。

離婚したあと、養育費が支払われなかったりした場合

公正証書を裁判所に提出すると、
すぐに支払者の口座を差し押さえることができるものです。

費用は、扱う内容の額によって変わりますが、数万円します。

  

弁護士費用

離婚が裁判までもつれ込んだ場合、お互いに弁護士を立てて争うことになります。

裁判が長引けば長引くほど費用がかかります。

ぶっちゃけこんなにお金払って争う必要ある?
って思いますけどね(^-^;

  

裁判費用

文字通り裁判離婚になった場合の費用です。

  

別居費用

離婚する前や離婚後に別居するための費用です。

引越し代や、賃貸の場合、敷金礼金、家賃が含まれます。

  

婚姻費用

離婚が成立するまでの間に、奥さんに払う生活費の事です。

例えば、離婚が成立する前に別居した場合、
自分の生活費だけでなく、奥さんの生活費も払わないといけないんです。

  

節約できること

離婚するためにはいろんな費用がかかるけど、
すべてを払わないといけないわけではありません。

離婚のしかた次第で支払わなくても良いものが以下のようなものです。

・慰謝料
・公正証書
・弁護士費用
・裁判費用
・別居費用

これらは、離婚するときに奥さんとじっくり話し合って
円満に離婚手続きができれば、支払う必要はなくなります。

  

円満に離婚して手に入れられること

円満に離婚ができると、お金の面だけでなく、
ほかにもメリットがありますよ。

・子供と安心して面会ができる
(奥さんとケンカ別れすると、子供に会わせてくれなくなる事が多い)
・親戚や周りの人に対する印象もそれほど悪くなくなります。
・何かあったときに連絡が取りやすい

ほかにもあるかと思いますけど、
やっぱりお金に関する負担が減りますね。

ちなみに、別れた奥さんに新しい旦那さんができた場合、
養育費を払う必要がなくなります。

でも、わざと知らせずに養育費をもらい続けるなんて人もいます。

 円満に離婚すれぼ、こういった事も防げることができるんですよ。

お金に余裕ができれば、自分のやりたいことや
買いたいものも我慢せずに買えますね。

洋服だって、いつも子供の洋服を優先させられ、
ヨレヨレの服を着なくてもすみます。

テレビだって子供や奥さんにリモコンを取られずに済みますよ。

いずれ他の人と再婚したいって思ってるなら、
そのための資金を貯めるのもいいでしょう。

いずれにしても、しっかり話し合って円満に離婚することで、
お互いが幸せな方向に進めるようになります。

  

どうしても出ていくお金のために副収入を得る

円満に離婚できたとしても、やっぱり最低限出ていくお金もあります。

その場合は、本業の仕事以外に、副収入を得る方法も考えたほうがいいですね。

円満離婚ができてちょっとした副収入が欲しいならこちらをどうぞ
      ↓   ↓   ↓

【自分で出来る円満離婚マニュアル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)