離婚して子供と離ればなれになったら相続はどうなるの?

子供,相続

離婚すると元妻とは親族ではなくなりますよね?

それじゃ元妻が引き取った子供とはどういう関係になるのでしょうか?

いずれは自分の資産を子供に相続したいって思ってる人も多いと思います。

ここでは離婚したあと離れて暮らす子供との関係、相続に関する話をお伝えします。

離婚したあとの子供との関係はどうなる?

まず子供との関係ですが、離婚して元妻が親権者になった場合、
元妻は別の戸籍になりますが
子供の戸籍は、あなたの戸籍のままなんですね。

これは子供の戸籍は筆頭者と同じ戸籍になるからです。

ほとんどの場合、夫が戸籍の筆頭者で、そこに妻と子供が入る形が多いからなんです。

なので、妻が子供の親権者になって一緒に暮らしていても
子供の戸籍は夫の戸籍のままという変な形になってしまうんです。

もちろん子供の戸籍を元妻の戸籍に移すこともできます。

子供の戸籍を親権者である元妻の戸籍に移したい場合は、こちらの【円満に離婚するなら子供の戸籍の仕組みも知っておこう】を見て下さい

ここでよくある疑問なんですが、
離婚して子供の戸籍を元妻のほうに移した場合、
元夫と子供の間の相続関係がどうなるのか?ということです。

結論から言えば、相続関係は残ります。

元妻は離婚すると親族関係から外れますので、相続人にはなりません。

しかし子供の場合はあなたの戸籍から外れたとしても
親族関係が残るため、相続関係も残るんです。

親権者の元妻が再婚したら?

親権者である元妻が後に再婚してとしても
あなたと子供の間の相続関係はそのまま残ります。

仮に元妻と再婚相手の戸籍に、子供が養子縁組として、
同じ戸籍になったとしても、
やはりあなたとの間には相続関係が残るんですね。

自分が再婚して新たに子供ができたら?

離婚したあと、あなたが誰かと再婚して新たに子供ができた場合、
新しい子供の間には当然相続関係が発生します。

でも、元妻との間に生まれた子供の間にもそのまま相続関係は続きますよ。

つまり、元妻との子供と今の子供、両方に変わらず相続関係が発生するんです。

血のつながる子供は必ず相続できる

親権とはあくまで子供を育てる権利です。
そして戸籍とはあくまで日本国民を証明するためのしくみです。

親権と戸籍、そして相続の関係はまったく別物としてとらえます。

ですから、相続できるできないにはまったく関係ないということです。

血のつながった子供はどこにいようと
どんな関係になっても、相続関係は続くということです。

遺言書を書いた場合はどうなるのか?

もしあなたが遺言書を書いた場合は、
原則は遺言書の内容に沿って相続されます。

例えば遺言書に「すべての遺産を元妻の子供に相続する」
と書けばその通りになります。

この記事で書いてきた「相続関係」は、
あなたが遺言書を書く前に亡くなった場合のことです。

あくまで「遺言書」の内容が最優先なんですよ。

ただ自分の子供の場合、仮に遺言書に「子供に相続しない」と書かれていたとしても、
「遺留分の請求」をして相続を受ける権利があります。

遺言書が最優先だとしても、自分の子供には最低限、遺産を相続できる権利があるんですね。

子供,相続

Posted by retu