離婚したあとも円満で仲良しでいられる方法は?

円満離婚とは

最近、「仲良し離婚」という言葉があるそうです。

意味は、離婚した後も仲良しで円満な関係をたもっている元夫婦だそう。

ひと昔前ではこんな話はあまり聞きませんでしたね。

だいたい離婚の原因は旦那の浮気や酒ぐせの悪さ、ギャンブルやDVなど

とにかく旦那のほうに離婚の原因がある場合が多く

泥沼離婚の悪いイメージばかりでした。

そんな離婚した2人が、別れた後も仲良くするなんて絶対にありえませんでした。

でも最近の若い夫婦の中には、
「仲良しなのに離婚する」
「離婚してもお互いにリスペクトしている」
「離婚したあとも一緒に食事に行く」

こんなことがフツーに行われているようです。

こういったカップルを見ると

「離婚する必要あったの?」
「そもそも結婚しないで付き合ってるだけで良かったんじゃ?」
なんて思うのは私だけでしょうか?

しかし時代が変わればいろんな価値観や考え方が生まれてくるので

結婚や離婚も人それぞれいろんなかたちがあるんでしょうね。

私たちは「結婚」と聞くと

ひとつ屋根のしたで暮らす
一度結婚したら死ぬまで一緒
子供を一緒に育てる
家族のために我慢をする

など、こんなイメージを持ってませんか?

「結婚」=「こうあるべき」

という既成概念にとらわれるあまり

自分らしさ
自分のやりたいこと
自分の幸せのかたち

こういった、本来自分の人生で本当に欲しいものを
手放しているのかもしれません。

そして、離婚をしてもう一度自分と向き合い
新たに人生をスタートすることで得られるかもしれませんね。

新しい人生をスタートさせるためには
円満に離婚をすることが何よりです。

この記事では、人生をより豊かにするために
どうすれば円満に離婚できるのかをお伝えします。

   

仲良し離婚するメリット

円満に離婚が成立すれば、メリットはたくさんあります。

・金銭面でもめなくて良い
・早く離婚が成立する
・子供の精神的負担が少なくてすむ
・裁判費用などがかからない
・気持ちよく再出発できる
・離婚したあとも相手に感謝できる

このように、円満に離婚をすることで、
お金の面でも精神的な面でも、とてもメリットが多いです。

ケンカして憎しみあって、泥沼の離婚裁判なんてなったら

費用もかかりますし、成立まで時間もかかります。
(長いと2~3年かかることも)

精神的にとても負担がかかります。

  

浮気やDVなどトラブルの原因は作らない

円満に離婚したいのなら、家庭の中にトラブルを作らないことです。

・浮気(不倫)
・DV(暴力)
・借金
・浪費

これらは昔から男性がしてしまう離婚原因です。
(浪費は女性が多いかも)

これらが原因で離婚になってしまうと
そもそも円満離婚なんて絶対に無理です。

  

離婚したい理由は前向きな理由が大切

離婚したい理由は人それぞれですが、
相手への不満がほとんどでしょう。

しかし、離婚を切り出すときに、相手への不満や、悪いところ、嫌いなところなど

マイナスな面ばかり言ってしまっては、
相手も気持ちが沈んでしまったり、激怒してしまったりと

とても円満に話し合いとはいかなくなります。

離婚したい理由を伝える場合は

「それぞれの価値観に合った生き方をしよう」
「お互いもっと性格の合った相手を見つけよう」

というように、お互いが前向きに生きていけるような理由が大事です。

絶対に相手の悪口は言わず
今までの結婚生活のなかで、奥さんがしてくれたことに感謝することです。

相手に感謝することで、相手を尊敬することもできるようになります。

そうなれば、離婚したあとも連絡取り合うこともしやすくなります。

  

離婚後のお金のことをしっかり決める

いざ離婚をするときにいちばん頭をよぎるのが「お金」のことです。

とくに奥さんは専業主婦の人も多く、
離婚したあとの生活費をどうすれば良いか不安です。

とくに子供を引き取った場合、なおさらです。

ですから、離婚した後のお互いの生活費、住む家のこと、養育費をいくら入れるかなど

納得がいくまでしっかりと話し合いをしないといけません。

子供の養育費についてはこちらをどうぞ

   ↓  ↓  ↓

【円満に離婚するなら子供の養育費はいくらにする?】

  

経済的に苦しくなるのが予想される女性側には

財産分与で少し多めに分け与えるなど、配慮をしてあげることで
相手も安心できます。

財産分与についてくわしくはこちらをどうぞ

   ↓  ↓  ↓

【円満に離婚するための財産分与とは?】

   

少しでも安心してもらうことで、離婚の手続きもスムーズにできるでしょう。

  

協議する内容をあらかじめ決ておく

離婚の際に協議することは意外と多くあります。

・子供の親権のこと
・面会交流のこと
・養育費のこと
・慰謝料のこと(必要な場合)
・財産分与のこと
・年金分割のこと

これらは離婚のときに相手と協議するのですが

あらかじめ考えておくことで、離婚の話し合いがスムーズにいくことが多いです。

離婚話をしたあとで、財産を調べたりしていると
非常に時間がかかります。

離婚を早く成立させることも、円満な離婚に大切なことなんです。   

もっとくわしく知りたい方はこちらをどうぞ

   ↓  ↓  ↓

【自分で出来る円満離婚マニュアル】