円満に離婚するための財産分与とは?

財産分与

離婚をすると、養育費や慰謝料などさまざまな手続きがあります。

その中に、「財産分与」というものがあります。

あまり聞いたことがない人もいると思いますが

離婚するときの大切な手続きです。

勢いでケンカ別れになって、きちんと手続きしないままでいると

もらえるはずの財産がもらえなくなり、あとでつらい思いをしますので

離婚するときは、一度冷静になって、
何が必要な手続きなのかを調べて下さいね。

円満に離婚するためには、さまざまな手続きを滞りなく行う必要があります。

その中でも分かりづらい財産分与についてこの記事でお伝えします。

財産分与ってなに?

財産分与とは、夫婦が結婚してから築き上げた資産を
離婚する時に公平に分配することです。

一般的に収入が多いのは男性側です。

また名義が夫名義の資産だとしても、
夫に代わって家事や子育てなど、
家庭を築く為に無償で働いている
妻の協力があってこそ築けた資産と考えます。

ですので、家庭への貢献度などを踏まえて平等に分け与えるのです。

財産分与には3つの考え方がある

一般的に財産分与というと、財産を均等に夫婦て分割するイメージですが

家庭によって事情はさまざまです。
お互いが同じくらい家庭に貢献してきた夫婦もいれば

どちらかが家庭をかえりみずに

飲み歩いてギャンブル三昧で、家に生活費を入れない。

家事をまったくせず、浪費ばかり繰り返す。

あるいはDV、浮気など、円満な家庭を乱す行為など

必ずしも平等に協力したとは言えない場合もあります。

そこで、同じ財産分与でも3つの要素を加えて
どの財産分与に該当するかを決めます。

清算的財産分与

一般的な財産分与はこれを指します。

結婚してから離婚するまでに夫婦が築いた財産を、
貢献度に応じて均等に分けあいます。

通常、夫が仕事で収入を得て、妻が専業主婦で家事や育児を一手に引き受けていた場合も、
お互いに1/2ずつ分け与えられます。

しかし各家庭状況はさまざまです。

例えば、妻もフルタイムで仕事をし、
家事や育児もほとんど行っていたような場合は

妻のほうが家庭への貢献度が高いとみなされ
妻側に多く財産が与えられるケースもあります。

ちなみにこの清算的財産分与は、
どちらかが離婚の原因を作ったとしても関係なく分配されます。

扶養的財産分与

離婚したあと、どちらか一方が生活に困窮することが予想される場合に
多めに財産を分配するやり方です。

例えば、夫は婚姻中も離婚後も仕事を続けている為
変わらず収入を得ることができますが

専業主婦をずっとしていた妻は、離婚後に働きに出ても、
必要な収入が得られない場合があります。

このような場合、財産を平等に1/2ずつ分けてしまうと
妻側の生活が困窮することが予想できます。

そういった場合に、生活を助けるといった意味合いで
扶養的財産分与という方法があります。

慰謝料的財産分与

本来、慰謝料と財産分与は別々に扱うものですが

夫婦の一方に非があり、離婚の原因になった場合
慰謝料的財産分与というかたちを取る場合があります。

非のある側が慰謝料の支払いを拒んでいる場合に
被害を被った側に財産分与を多く渡すこともあります。

また、慰謝料はお金渡すものですが
慰謝料的財産分与では、物を慰謝料の意味で渡すことも可能です。

実際に財産分与の対象になるものってなに?

財産分与の対象は、実質的に「夫婦の協力のもとで作られたもの」かどうかで判断されます。

どちらの名義かどうかは関係なく、夫婦で築き上げた共有財産としてみられるからです。

実際に財産分与の対象となるものの一例をあげます。

・夫婦それぞれの預貯金
・家(不動産)
・自動車
・株などの有価証券
・家具
・退職金

他にもありますが、一般的にはこのようなものが財産分与の対象になります。

財産分与の対象外の特有財産ってなに?

特有財産とは、夫婦それぞれの固有の財産のことです。

以下のものが特有財産になります。

・結婚する前に貯めていた貯金
・結婚前から使用していた自動車
・婚姻中に自分の親から相続した財産
・配偶者へプレゼントした物

これらのものは、婚姻中に夫婦で協力して築いた財産とはいえないため、財産分与の対象とはなりません。

具体的にどうやって分与するのか?

財産の分配方法については、具体的な決まりはありません。

一般的には夫婦で話し合ってどのように分割するか決めます。

現金や預貯金は分割するのが簡単ですが

不動産や自動車などは、そのまま分割するわけにはいきません

例えばマイホームの場合、離婚したあとどちらも住まずに売却するのであれば

売却して手元に残った金額を分配すれば良いです。

もし夫婦のどちらか一方がそのまま住むのであれば

まず離婚時の家の評価額を調べます。

そして家に住むほうが、手放すほうへ、評価額の1/2を支払うようになります。

このように、分割できない財産については、
売却して現金化するか、どちらかに譲り渡すかでやり方が変わってきます。

今まで使っていた家具なども同じです。

一つ一つ現金化して分与などは手間がかかる為

実際は、どれとどれを夫側、これとあれは妻側といった具合に分けるのが現実的です。

このように、離婚時における財産分与は細かく決めることが多いため、
離婚する前に夫婦でよく話し合いましょう。

財産は財産でも負債も財産になる?!

同じ財産でも、負の財産もあります。

例えば、家や自動車のローンです。

このような負債が残っている場合は、
ローンの残額を計算して

すべての財産の額から負債額を引いて
残った財産を分けるようになります。

ちなみに、いくら婚姻中に作った負債でも

ギャンブルや浪費で作ったクレジット払いの残額などは

共有財産にはなりません。

さらにくわしく知りたい方はこちらをどうぞ

   ↓  ↓  ↓

【自分で出来る円満離婚マニュアル】

  

財産分与

Posted by retu