浮気がバレずに円満離婚できる方法はある!?

有責,浮気

結婚していて、いけないと分かっていても
好きな人ができてしまうことは誰にでもあります。

また、今の奥さんと性格的に合わない、価値観が違うなど
もうそろそろ離婚しようか・・
と考えてるときに、理想の相手と出会ってしまった人もいるでしょう。

でも、離婚を切り出すときに
「好きな人ができたから離婚してくれ」
なんて言ったら大変です!

とんでもない慰謝料を請求されますよ!

ここはもう、好きな人ができてしまったんだから仕方ないとして

どうすれば浮気がバレないように、円満に離婚までもっていくかを考えましょう。

   

夫が円満離婚を切り出すときは浮気をしてるって本当!?

女性は、夫から離婚話をされると、
必ずといっていいほど浮気してるんじゃないか?と疑います。

ひと昔前なら、たしかに浮気する男性が多かったと思います。

浮気

ギャンブル

この3つは夫がおこす3大トラブルでした。

しかし今のご時世、そうでもなさそうです。

何年か前から「イクメン」なんていう言葉が出てきたように

育児と家事を積極的に行う男性が増えてきています。

わりと「まじめな男性」が増えてきているんですね。

しかし、世の中の女性の多くは、「男は浮気をする生き物」という概念を持ってるようです。

もしご自身にあてはまるふしがあるなら、注意して行動すべきですね。

女性は、男性の行動やしぐさから
「怪しい」「最近ようすが変だ」
と感じる能力に長けています。

  

離婚する前に冷静になって考えてみる

人は、常に生活の中に「刺激」を求めています。

とくに、マンネリ化した変化のない日常を繰り返していると

「新しい何か」があることを期待してしまうのです。

そんな時に、自分にとって理想のような人が現れると

冷静にものごとが見れなくなり、判断力が鈍くなってしまいます。

今の奥さんも、今はマンネリ化した夫婦関係かもしれませんが

出会った頃や結婚当初はどうだったでしょう?
「理想の女性」と思って生涯を共にしようと決めたと思います。

しかし時間の経過とともにマンネリ化し、愛情も薄れて、今の状態になったのです。

ということは、今新しく出会った「理想の女性」も、いずれそうなるかもしれませんよね。

性格、価値観、実際に結婚した時の生活をイメージしてみて

今の奥さんより、本当に合うのかどうかよ~く考えましょう。

  

離婚を決断したら即行動・・ではなく慎重に準備を

離婚することを決めたら
「早く離婚届を書いて別れよう」
という気持ちは分かりますが

焦りは禁物です。

離婚をするには、夫婦で話し合って決めなければいけないことがたくさんあるんです。

勢いで離婚しようとすると、怪しまれるし
協議がきちんとできないと、余計な費用がかかったりするんですよ。

円満に離婚したいのなら、前もってしっかり準備する必要があります。

実際、円満に離婚手続きを進めるために大切なことは以下の2つです。

①有責行為をしない
②経済的サポートをする

  

有責行為

有責行為とは以下のような行為です。

・浮気、不倫などの不貞行為
・DVなどの暴力、虐待
・生活費を入れないなどの悪意の遺棄

こういった有責行為をすると、裁判にまで発展する可能性が高いです。

また慰謝料も発生します。

なにより、相手との関係が最悪の状態になるので

とても円満にとはいかないですね。

  

経済的サポート

多くの女性にとって離婚することは、
その後の経済的基盤を失うことになります。

まして、子供を引き取る女性にとっては死活問題にもなります。

離婚するということは、こういった離婚後のことも視野に入れたうえで、
自分のできる最大限のサポートをしなければいけません。

具体的にいうと、養育費や財産分与です。

これを事前に考えて、相手に提示することで、相手も安心できるのです。

なんだかんだ言っても、生活に必要なのはお金です。

このお金の問題がクリアできると、女性側も納得できる場合が多いんですね。

  

離婚するときに「好きな人ができた」は厳禁!

いざ離婚の話を切り出しても、なかなか相手が納得してくれず

だんだんイライラして思わず
「じつは他に好きな人がいる」
と言ってしまう場合があります。

男性は、こう言えば諦めてくれるだろうと思うかもしれません。

しかしこれは絶対に言ってはいけません。

たしかに離婚はできるかもしれませんが、相手からすれば「裏切り行為」になります。

・慰謝料を請求される
・裁判までもつれ込む
・相手の親からも非難される
・子供に会わせてもらえなくなる

このような事態になるかもしれません。
総じて余計な費用が発生します。

円満に離婚をしたいなら、このような波風を立てる事は言わないようにしましょう。

なんでも正直に言う必要はありません。

協議内容に納得して、円満にことが進むのであれば、
時に嘘も必要になる場合があります。

  

円満に離婚が成立するまでは、控えめな行動を

離婚の話を切り出したら、「もうすぐ離婚できる!」
と思うかもしれません。

しかし、離婚は成立するまで何が起きるか分からないです。

軽はずみな行為をして浮気がバレないようにしましょう。

とくに、離婚話をしてから離婚が成立するまでの間は注意が必要ですね。

夫から離婚を告げられたことで、奥さんは旦那のことをいろいろ調べようとします。

スマホ、パソコンをのぞき見して、通話履歴やSNSなどの履歴を見るかもしれません。

あるいは、探偵調査を使ってでも調べる人もいますから

この間は行動を制限するなど、すこし我慢が必要です。

浮気をすること自体、良いことではありません。

しかし、今の奥さんとは今後一緒に生活できない。

と決めた以上、浮気相手がいようといまいと、離婚は避けて通れません。

でしたら無用なトラブルを避け、夫婦がお互いに気持ちよく離婚できたほうが

後腐れもなくスッキリとして、新しい人生をスタートできるのではないでしょうか?

有責,浮気

Posted by retu