円満離婚できるか不安な人が安心できる方法とは?

円満離婚の方法

結婚して年数がたってくると、お互い嫌なところが見えてきます。

でも少し我慢して、修復しようとお互いに努力しますよね?

それでも修復が無理そうだな・・・
と思ったら、
その奥さんとこの先ずっと一緒にいるのは苦痛になるかもしれません。

でも・・

「離婚するのが良いのか分からない」
「ものすごく揉めそう」
「逆に訴えられたらどうしよう」
「離婚を切り出すタイミングが分からない」

こんな不安がよぎって、なかなか一歩が踏み出せないのでは?

もちろん修復を試みて円満な夫婦に戻れるのならその方が良いですよ。

でも、「もう修復する気持ちさえも起きない」
というのなら離婚して人生を再出発するのも良いでしょう。

この記事では、離婚したいんだけど不安で躊躇してしまうあなたへ

安心して離婚への一歩を踏み出せるお手伝いをしたいと思います。

円満に離婚したいけど勇気が出ない

今の奥さんといずれは離婚したい。
でも、なかなか勇気が出せなくて躊躇してしまう。

そんなあなたの気持ち、よく分かります。

なぜ、なかなか踏ん切りがつかないのでしょう?

「拒否されて言いくるめられそう」
「高額な慰謝料を請求されそう」
「親が出てきて大ごとになりそう」
「子供に会わせてくれなそう」

このような不安な気持ちになってしまうんですね。

人は皆、大きな変化を嫌います。

保守的というか、今いる現状に安泰したいのが根底にあるんです。

その先に自分の幸せな未来があると分かっていても

現状に不満があって、何かを変えたいと思っていても

波風を立てずに今のままの方が楽なのです。
そしてズルズルと先伸ばししてしまうんです。

人生は大きな変化を起こさなければ、何も変わりません。

でもそれには勇気がいります。
じゃあどうやって勇気を出すの?

今のあなたがいきなり勇気をバンッ!って出すのはちょっと難しいでしょう。

そしたら、少しずつ出しましょう。

そのためには、少しずつ行動しましょう。

何からすれば良いか分からなくて不安

離婚するための第一歩は、「離婚届」をもらうことです。

とりあえずもらってくるだけなら、相手の同意はいりませんから。

役所に行って離婚届をもらってきましょう。

場所によって違いがありますが、ほとんどの場合、夜中や休日でももらえます。

離婚届をもらったら、自分の名前と印を押しましょう。

すると、だいぶ離婚に向けてリアル感が出てくると思います。

「俺は離婚して幸せな人生を手にするんだ!」

て感じになりませんか?(笑)

まずできるところから行動を起こすことです。

  

できるだけ自分が有利な立場になりたい

今の世の中をみると、離婚する時にどちらかといえば、
女性側が有利になる場合が多いと思います。

しかしそれは、これまで昔から女性の権利が軽視されてきた側面あるため

女性を大切にし、女性の権利を平等にしようという反動かもしれません。

また、たいてい離婚して子供を引き取るのは女性のため、
経済的負担が大きいのです。

実際に養育費を受け取っている女性は30%ほどのようですから。

とはいえ、男としても不利なままで離婚してしまうと、
後々経済的に負担がのしかかってしまうのも事実。

そこで、離婚する相手にも配慮しながら、
自分が有利になれる方法を考えていきましょう。

   

相手に有責行為はないか?

奥さん側にもし有責行為があれば、あなたはかなり優位に立てます。
※有責行為とは、浮気や不倫、暴力などのDVの事です。

奥さん側に慰謝料や損害賠償を請求できるからです。

その場合は、事前に浮気やDVの証拠をつかんでおいたほうがいいですよ。

ただし、子供の親権に関しては、いくら奥さん側に有責行為があったとしても

とくに子供が小さい場合は、奥さん側に親権が与えられることが多いんです。
(子供に対するDVがある場合は別ですけど)

   

どちらにも有責行為がない場合

奥さんと自分のどちらにも有責行為がない場合は、
有利になるというより、あなたが不利にならない方法を考えるべきですね。

協議離婚という話し合いでの離婚成立を目指します。

もしこの時、離婚するより先に別居をする場合、注意が必要です。

いくら別々で暮らしていたとしても、離婚が成立するまでは夫婦ですから

奥さんに婚姻費用(生活費)を渡さないといけません。

ようするに、奥さん側の生活費と、自分の生活費の両方を負担しないといけないんです。
(ただし、あなたより奥さんか収入が多い場合は別です)

ですから、あなたにとってできるだけ不利にならないためには、
早めに離婚を成立させることです。

相手は、離婚が成立すると婚姻費用(生活費)をもらえなくなるので、
離婚成立を引き伸ばそうとするかもしれません。

離婚を成立させるために必要なことは

①離婚届に署名、捺印してもらうこと
②子供の親権者を決めること

この2点だけです。

養育費や財産分与、慰謝料などは、離婚した後でも協議できるんですよ。

ですので、相手が慰謝料や養育費などの事でグダグダと言って、
離婚成立まで時間かかりそうなら、先に親権者を決めてさっさと成立させてしまいましょう。

その他の事は、後でじっくり話し合って決めれば良いのですよ。

   

離婚を考えてることがバレないようにしたい

これ、男の人ってけっこう多いんじゃないでしょうかね?

離婚するために事前に考えておくことがあります。

・親権
・養育費
・財産分与
・慰謝料
・家のローン等

こういったことを考えたり、必要に応じて準備しないといけないこともあります。

それには時間がかかるため、その間に奥さんにこちらが離婚を考えていることがバレると

揉めごとになり、その後の離婚準備に支障をきたします。

そのためには、行動は慎重にしないといけません。

スマホやパソコンで離婚について調べものをした後は、
必ず履歴を削除するなど、細心の注意をはらうことです。

そして、奥さんに対する態度も、いつもと変わらず接するようにして下さい。

女性は、男性の態度や言動から「何かおかしい・・」と感じるのが得意なんです。

よく旦那の浮気を奥さんが察知したりするのが多いのは、
女性の本能的な部分が男性より優れているからなんです。

   

相手を不安にさせたくない

離婚話を切り出したときに奥さんが拒絶したり、もめたりすると

話し合いが長期化してしまうかもしれません。

それを防ぐためには、奥さんを不安にさせないことが重要です。

逆に奥さんを安心させてあげることができれば、
離婚の手続きも順調に進めることができますよ。

   

離婚後の経済的サポートをする

離婚する女性がいちばん不安になる要素は経済的な事です。

とくに、専業主婦をしていた人が子供を引き取る場合は、
経済的負担が重くのしかかってきます。

それを取り除いてあげることで、安心して離婚できるんです。

そのためには、養育費をいくら支払うのか?
いつまで支払うのかを明確に提示してあげることです。

養育費についてくわしくはこちらをどうぞ
      ↓   ↓   ↓
【 円満に離婚するなら子供の養育費はいくらにする? 】

  

いつでも子供の面倒をみれるようにする

いくら養育費をしっかりもらっていても、子供を育てる負担は大きいものです。

お金で解決できないことも多いですから。

もしあなたが、離婚したあとも、奥さんと子供が住んでる家から近くに住むのであれば

休日に子供の面倒を見てあげて、奥さんに自由な時間を持たせてあげることも必要です。

もし相手が、「子供と会わせたくない!」と拒んできても

法律上、面会交流権があるので、あなたには子供と会う権利があります。

子供との面会交流についてはこちらをどうぞ
       ↓   ↓   ↓
【 妻と円満に離婚できない・・子供と面会できるか心配 】

   

事前に決め事を考えておく

離婚を成立させるためには、当然奥さんとの話し合いが必要です。

しかし、離婚のための決め事は、事前にあなたが考えておき

しっかり紙に書いて提示してあげることで
話し合いがスムーズに進み、奥さんに安心を与えられることになります。

事前の決め事についてはこちらをどうぞ
      ↓   ↓  ↓
【円満に離婚するためには事前の準備が大事】

   

まとめ

・離婚を切り出す勇気がない場合は、少しずつできるところから行動を起こす

・とりあえず「離婚届」をもらってくる

・離婚話を切り出したら、早めに成立させること

・離婚の意思を悟られないように準備すること

・離婚する奥さんの不安を取り除いてあげること

円満に離婚するための秘訣は、奥さん側の不安を取り除いて、
離婚してもサポートをしてあげることをしっかり伝えてあげることです。

自分で円満に離婚を目指したい方はこちらをどうぞ
      ↓   ↓   ↓

【自分で出来る円満離婚マニュアル】