40代で円満離婚を目指す男性は多い

円満離婚の方法

今日本では、3組に1組が離婚する時代と言わてますね。

そのなかでも、40代以降の中高年による「熟年離婚」も増えているんですよ。

40代が熟年にあたるかどうかは別にして

何十年も連れ添った夫婦が離婚をするのは
今じゃ珍しいことではありません。

離婚する理由は夫婦それぞれですが

10代20代で離婚するのと、40代で離婚するのとでは、
離婚の原因や動機に大きな違いがあります。

この記事では、40代で円満に離婚するために気を付ける事などをお伝えします。

  

40代での離婚は遅すぎる?

離婚する年代でいちばん多いのは、30代です。
そして次に多いのは10代です。

30代の夫婦の場合、結婚適齢期(20代後半~30代前半)に結婚して
数年後に離婚というケースが多いようです。

これは結婚した夫婦の倦怠期とも重なるようですね。

付き合っていた時とは違い、何年も一緒に生活をしていると
相手の嫌な部分がだんだん見えてきてしまい、そのまま離婚するケースが多いです。

また10代の場合は、いわゆるできちゃった婚が多いんだそう。

まだお互いに経済力もなく、まだ友達が遊んでいる時期に
家庭に縛られるのを嫌がる男性が、離れていくことが多いんですね。

  

じつは多い40代での離婚男性

40代での離婚は、30代10代に比べれば少ないほうですが

じつは男性が離婚を考えるのは40代が多いんです。

その理由は、40代ともなると仕事にいちばん油の乗っている年代です。
会社でも重要なポストにつくなど、収入的にも余裕ができやすいんです。

そして家庭では子供も大きくなり、早ければもうすぐ社会人になる人もいます。

子供が一人立ちすれば、自分の稼ぎで面倒をみなければいけない家族が減りますから、離婚しやすくなります。

また、40代は離婚して再出発するのに最後のチャンスととらえる人も多いです。

家族のために働いて、子供を育て上げて一段落ついた時

今の奥さんと今後2人で生活するが苦痛に思え、
新しい人生を送りたいと思いはじめるんです。

   

家のローンもまだ残ってるのに離婚できる?

離婚を考えはじめると、立ちはだかる問題がいろいろとでてきますね。

その1つが家のローンです。

40代だと、家のローンはまだまだ残ってる事が多いです。
人によっては20年くらい残ってることもあるんじゃないですかね?

離婚するとき

・家にはどちらが住むのか?
・売却して別々に住むのか?
・家のローンをどうするのか?

こんな疑問が出てくるんじゃないでしょうか?

  

離婚するときはお互いの財産を分け与える

離婚するときの決め事として「財産分与」があります。

結婚してからお互いが築いてきた財産を、
離婚するときに平等に分配しようというのが財産分与です。

貯金などがそうですが、家も財産ですから、財産分与の対象になります。

でも、いくら分配といっても家を半分こに切るわけにはいかないですよね?

ですから家を相手にあげる代わりに、貯金を多くもらうなど
夫婦で話し合う必要があります。

   

負債も財産のうち

財産というと、資産と考えることが多いですが

じつは負債(ローン等)も財産分与の対象になるんです。

・マイホーム
・車
・家具や家電製品
・宝飾品

こういった物のローンも対象になります。

くわしくはこちらの記事をご覧下さい

   ↓  ↓  ↓

【円満に離婚するための財産分与とは?】

例外もあります。
ギャンブルにはまり、パートナーに内緒で作った借金などは、
財産分与の対象にはなりませんよ。

   

円満に離婚できれば、子供との関係を保てる?

離婚するときに未成年の子供がいる場合は、
夫婦のどちらかが子供を引き取る
「親権者」を決めなければいけません。

親権者にならなかった離れて暮らす親は、
子供と毎日会えなくなり寂しい思いをします。

また子供も、一方の親と会えなくなり寂しくなります。

そこで、子供と定期的に会う「面会交流権」というのがあります。

   

面会交流権は離れて暮らす親の権利

離婚するときは何かともめる事が多いものですが

面会交流権とは、原則的に子供と離れて暮らす親に与えられた権利です。

また、親と離れた子供に与えられた権利でもあります。

ですから、いくら円満に離婚できなかったからといって
子供に会えなくなるということはありません。

DVや連れ去りなどが心配される場合は、面会させてもらえない事もあります。

面会交流についてはこちらをご覧下さい

   ↓  ↓  ↓

【 妻と円満に離婚できない・・子供と面会できるか心配 】

  

円満に離婚するならお金のことをしっかり決めよう

離婚を円満に進めるなら、夫婦でしっかり話し合うことが大切です。

その話し合いでいちばん大事なことが、お金に関する事です。

なぜなら、別れた奥さんがいちばん不安な事が、離婚後の生活なんです。

ですから、その不安を取り除いてあげる事で、
話し合いもスムーズにいき、円満に離婚手続きすることができるんですよ。

具体的なお金の事というのは

・子供の養育費
・財産分与
・慰謝料

の3つです。

養育費は、子供が成人するまでにかかる生活費や教育費など。

この養育費をいくらにするか、
お互いが納得いくまで話し合うことで
奥さんの不安が少しでも軽減されれば、円満に離婚することができます。

養育費をもっと知りたい方はこちらをご覧下さい

   ↓  ↓  ↓

【 円満に離婚するなら子供の養育費はいくらにする? 】

財産分与は、先ほどお話ししましたね。

慰謝料もお金に関わる事ですが、
慰謝料が発生するということは、
何らかの有責行為(不倫、DV等)があったという事ですから、
そもそも円満に離婚するのは不可能かと。

慰謝料についてはこちらの記事をご覧下さい

   ↓  ↓  ↓

【 円満に離婚するのに慰謝料って必要? 】

   

40代で離婚した男が再婚できるか?

今や、離婚するのは若い世代の夫婦だけではありません。

「熟年離婚」という言葉もあるとおり、
すべての世代で離婚する人たちが増えています。

昔は、女性が経済的に自立するのが難しかったため
結婚して家庭を築くことで生活できました。

しかし近年は、女性が社会で活躍できる環境が整ってきたため
(欧米に比べればまだまだですが)

旦那と離婚しても経済的に自立できる女性が増えてきたためです。

ですから、今まで家庭に入りずっと我慢してきた女性が

「もっと自由になりたい」
「もう一度やり直したい」

と思うようになり、旦那が定年を迎えたのをきっかけに
離婚する女性が多くなってきたのです。

定年を迎えた夫婦ということは、50代60代です。

その年代の人たちが「もう一度人生を!」
と言ってるのですから、40代なんてまだまだ若いですよ!

自分と同じように「もう一度やり直したい」
と思ってる女性も多くいますから、再婚するチャンスはいくらでもあるでしょう。

ですから、まずは今の状況から円満に離婚を目指すことですね。

円満に離婚を目指したい方はこちらをどうぞ

   ↓  ↓  ↓

【自分で出来る円満離婚マニュアル】